torineko_blog

シュールなMisatoワールド全開でお送りします☆ミ
ヒミズ
 








映画ヒミズが松山でやっと公開になったので初日に行って来ました


ヒミズは、ご存知「稲中卓球部」の古谷実てんてーの原作を園子温監督が

映画にしたものなのですが

原作を読んでからかなり時間が経っていたので「ものすごくダークな漫画」

だったこと以外は、ほとんど内容忘れていました

が、映画もまぁこれまたヘドが出るほどのヘヴィさで、さすがの私でも観終わった後は

ダウナーになりましたよ

Perfume聞いたら直りましたけどね!?

やーどこまでもリアルでした

リアル過ぎて入りこんでしまうんでしょうね

幸いにも絶望の中に救いはあるようなラストだったのでまだ良かったんですが

原作って映画より救いようがなかった気が・・・

というわけで原作を読み返したくなりました





ちなみにこのヒミズ、製作準備期間中にあの東日本大震災が発生し、

園監督は脚本をリライト

舞台を震災後の日本に変更するという大胆な試みを行ったらしいのですが・・・

震災と映画の中のストーリーがうまくリンクしてない感じでどうにもこうにも

浮いた感じがしていました うーん・・・

でも、若手ふたりの染谷将太さんと二階堂ふみさんの演技は

さすがといった感じでしたね!

あの思春期特有の異常に冷めた感じ!

ところどころに出てくる詩のような台詞が好きです







でも観たいと思ってる人は1000円の時に行った方がいいですよ!←


ダウナーになりつつも

他の作品も観てみましょう♪と

TSUTAYAに寄ったら、園作品をひとつも置いてなくてどういうことなの・・・

と絶望しながら木更津キャッツアイのワールドシリーズと日本シリーズを借りて帰りました

キャッツ、面白いですよね。あのノリ大好きです^^


わたしは、ひねくれた人が作るものにどうやら惹かれるようです

みなさまもお薦めありましたら是非教えてください^^

01:36 | 映画 | comments(0) | -| - | - |
愛のむきだし


愛のむきだしを観ました


園子温 監督作品で前々から観たいと思っていた作品だったのですが


つい先日ようやく観ることができました。



TSUTAYA DISCASという


ネットで借りたいものをオンラインでポチったら


すぐにTSUTAYAから送られてくるというのが売りなシステムがあるんです


今回それを使ったところ


発送済みになっているのに待てどくらせどDVDが届かない・・・


どういうことでしょう^^


こんなにかかるなんてオカシイナー?とソワソワしてたんです。


すると


近所の祖母の家のポストに2日程前に届いておりましたようで・・・^^


おい!郵便屋さん!!!誤配やないか!!!


ねこ郵便?ねこ郵便の仕業なの!?


あいつなら仕方ない!!



まぁそんなことはさておき


感想


もーすこぶる面白かった。


ほんとに面白くて


園子温作品、全部観たくなりました。


見終わってしばらく経つのに今も余韻が残っているなんて珍しいことです。


 



興味があるひとは



HPみてください。(ぶん投げ)


 



どうも


愛のむきだしは、20年ほど前に監督が知り合った「盗撮のプロ」が新興宗教に入った妹を


脱会させたという経験を基に撮った映画だそう。


実話をベースに作られてるってのがまた^^


 


 


 


主演はAAA(半年前までエーエーエーって読んでました^^)の西島隆弘・満島ひかり・安藤サクラの三人



西島くんに関してはどうしても「アイドルの西島くんが演技してる目線」で終始観ちゃうことになるのかしらと思いきや


その凄まじい演技力でAAAのキラキラ西島くん像は吹っ飛んでいきました



みなさん演技がめちゃくちゃ上手いので作品にどっぷり集中できます。



しかし強烈に印象に残ったのは西島くんでもなく満島ひかりでもない、安藤サクラでした


安藤サクラがなぜそうなったのかは映画を観ればわかります


彼らの各父親を演じた俳優さんが、渡部篤郎、板尾創路、堀部圭亮と、いずれも超弩級の個性派
で、板尾がちょっとしか出ない割に強烈な印象を残す残す・・・。


 


 


 


 


映画を見終わった後でいろんな所の考察を読みましたので


いろんな人が書いた考察からちょっと引用しますと



この映画は


アクション


ホラー


スプラッター


メロドラマ


社会派


アイドル


お色気


コメディ


純愛


青春映画


とにかくエンタメ性がぎゅぎゅっと!これでもか!というほど詰まっていて凄い。


247分という長さなんですけど、何せテンポが良いのであまり長く感じなかったです


お色気に関してはかなりちょいちょい出てきます。3割くらいかな。多いですよね!


満島ひかりちゃんに至ってはパンチラというよりも、パンモロ大連発で眼福^^^^


ふぅ・・・


ちなみにAAAの西島くんが起用されたのは「童貞と女装が似合いそうで空洞っぽかったから」


という理由^v^監督ぅ・・・!








酔ってて描いた愛のむきだし。この三点が印象に残ったようです。なんだこれ


ふとむきだしを観てて思い出したのがチュンソフトが出している「街」というゲームです。


街は当時プレイしててとても面白かったという記憶しかないのですが、


詳しくは調べてください(ふたたび丸投げ)


ちなみにこのゲームには売れる前の窪塚などが出ていました。


ある主人公からの目線 ヒロインから見た目線 はたまたそれを邪魔するものの目線など


様々な人物の目線があるんですがそこらの目線という点でも似ているし、


新興宗教というものが出てくるところにも共通点を感じます。


そして私は「428」(同じくチュンソフトが出している最近出たゲーム)がやりたくなったのでした




とりあえず愛のむきだしは

マトモな人間が出てこない&毒のある感じですこぶる面白かったです

ひとりで観た方が良いかもしれない映画^^

01:19 | 映画 | comments(3) | -| - | - |